イオングループ労働組合連合会

イオングループ労働組合連合会

組合役員ログイン

組合役員ログイン

会議体

1.中央執行委員会 年11回

重点活動方針の進捗共有を柱に、業種会議、地域会議、各委員会との情報共有と協議、グループ共通福祉等の課題解決を行います。中央執行委員をメンバーとします。

中央執行委員会 画像

2.三役会議 年12回を目安

主に経営課題、単組課題、政策推進活動の共有と新たな組織体制の運用面での成果と課題の検証を行います。原則、議長会議と同日開催とします。会長、会長代行、副会長、事務局長を基本メンバーとし、必要に応じ随時召集することがあります。

3.書記長会議 年2回

UAゼンセンの統一労働条件闘争方針、労働政策、新労連労働条件基準等をもとに要求立案の考え方について議論し、理解を深めます。単組の取り組みを労連全体で補完するために、取り組みの共有と相互のアドバイスを実施します。メンバーは書記長または政策担当者とし、年間2 回の開催とします。統一闘争の補完のため、要求立案の考え方を検討する場として、「要求内容検討会」を前期に引き続き実施します。

書記長会議 画像

4.地域議長会議(新設) 年12回を目安

「チャレンジ2019」対策会議の位置付けとして新設します。中央執行委員会からの付託事項を各地域会議に落とし込み、単組の活動を推進するための対策を立案します。三役、統括地域会議議長、地域会議議長、政治局を基本メンバーとし必要に応じて変更します。また、7 地域での開催を行い、地域開催時は当該の地域会議副議長、地域会議事務局長をメンバーとします。

5.地域会議(新設) 年12回を目安に地域で設定

①政治活動

メンバーは、地域会議議長、地域会議副議長、地域会議事務局長、各単組からの地域代表者で構成します。

②地域活動における役割
役職 役割
地域会議
議長
地域会議とエリア議長を兼任し、地域活動全体を統括します。
政治活動における単組の取り組み方法や課題について、地域副議長・地域事務局長と連携してサポートします。
地域会議
副議長
単組の政治活動が計画通り取り組みが進むよう、議長の指示のもと地域で活動します。
地域会議
事務局長
地域会議とエリア推進会議の事務局として、議長の指示のもと単組の活動をサポートします。
加盟単組の課題について、本部担当・業務担当と連携し、労連事務局長のもと解決に向けて取り組みます。
③地域会議
地域
会議
北海道 東北 関東 中部 近畿 中四国 九州・沖縄
都道
府県
北海道 青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県 栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県、新潟県、千葉県、東京都、山梨県、神奈川県 長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県 滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、富山県、石川県、福井県 鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県 福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
議長 イオン北海道労働組合 イオンスーパーセンター労働組合 イオンクレジットサービスユニオン マックスバリュ中部労働組合 KOHYO労働組合 山陽マルナカ労働組合 イオン九州労働組合

議長
マックスバリュ北海道労働組合 オールサンデーユニオン イオンリテールワーカーズユニオン マックスバリュ東海MYユニオン ダイエーユニオン マルナカ労働組合 マックスバリュ九州労働組合
イオンペットユニオン マックスバリュ東北労働組合 イオンファンタジー労働組合 イオンリテールワーカーズユニオン イオンリテールワーカーズユニオン イオンリテールワーカーズユニオン イオン琉球労働組合
イオンリテールワーカーズユニオン ダイエーユニオン
イオンディライト労働組合
事務
局長
労働事務局次長 労働事務局次長 労働事務局次長 労働事務局次長 労働事務局次長 労働事務局次長 労働事務局次長
メン
バー
43加盟単組が各地域で政治活動の代表者を選出し配置
④エリア活動
エリア 都道府県・ブロック
北海道エリア 北海道
北東北エリア 青森県・岩手県・秋田県
南東北エリア 宮城県・山形県・福島県
東関東エリア 栃木・群馬ブロック:栃木県・群馬県
茨城ブロック:茨城県
千葉ブロック:千葉県
西関東エリア 東京・神奈川・埼玉ブロック:東京都・神奈川県・埼玉県
新潟ブロック:新潟県
山梨ブロック:山梨県
中部エリア 長野県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県
近畿エリア 滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・富山県・石川県・福井県
中国エリア 鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県
四国エリア 徳島県・香川県・愛媛県・高知県
九州・沖縄エリア 福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

6.業種会議

統一労働条件闘争と事業別の労使関係の構築を柱に、共通課題の解決が進むように運営します。また、単組が抱える課題の相談や解決のための相互アドバイスなどを実施します。全業種統一の内容ではなく、業種毎の課題や労使関係に応じて年間活動計画を作成して運営します。

業種会議 参加単組
総合小売業
業種会議
(6単組)
<GMS事業>
イオン北海道労働組合、オールサンデーユニオン、イオンスーパーセンター労働組合、イオンリテールワーカーズユニオン、イオン九州労働組合、イオン琉球労働組合
SM業種会議
(12単組)
<SM・DS事業>
マックスバリュ北海道労働組合、マックスバリュ東北労働組合、ダイエーユニオン、イオンマーケット労働組合、マックスバリュ東海MYユニオン、マックスバリュ中部労働組合、KOHYO労働組合、マルナカ労働組合、山陽マルナカ労働組合、マックスバリュ西日本労働組合、マックスバリュ九州労働組合、イオンリテールワーカーズユニオン
総合金融
業種会議
(3単組)
<総合金融事業>
イオン保険サービス労働組合、イオン銀行従業員組合、イオンクレジットサービスユニオン
専門店・
サービス業種会議
(13単組)
<専門店・サービス事業>
未来屋書店労働組合、イオンペットユニオン、COX union、メガスポーツ労働組合、G-FOOT労働組合、イオンコンパス労働組合、イオンイーハート労働組合、イオンファンタジー労働組合、リフォームスタジオ労働組合、ツヴァイ労働組合、イオンディライト労働組合、イオンディライトセキュリティ労働組合、イオンリテールワーカーズユニオン
グループ戦略
業種会議
(11単組)
<小型店事業>
ミニストップユニオン、イオンベーカリー労働組合、オリジン東秀ユニオン、(イオンリテールワーカーズユニオン)
<ディベロッパー事業>
イオンモール労働組合、イオンタウンユニオン、OPAユニオン、(イオンリテールワーカーズユニオン)
<機能会社>
イオングローバルSCMユニオン、生活品質科学研究所労働組合、イオントップバリュワーカーズユニオン、イオンフードサプライ労働組合、(イオンリテールワーカーズユニオン)
<ドラッグ・ファーマシー事業>
シミズ薬品労働組合

7.委員会

①政治委員会(新設)

「チャレンジ2019」の目標達成に向けたマスタープランの策定及び修正、単組活動における戦略立案のサポート機能を担います。具体的には、UAゼンセンマスタープランをベースに労連としての統一活動とルールを中央執行委員会に提案する、労連専従者・単組三役・職場リーダーに必要な教育の機会と統一ツールを作成する、オールイオンの取り組みに必要な企画立案や器材の作成などとします。前期までの政策・政治委員会については、発展的に廃止し、これまでの委員会メンバーが地域会議に積極的に参画することで、政策推進の担い手としての役割を果たします。

政策・政治委員会 画像
②政策委員会(新設)

UAゼンセンの社会・産業・労働政策について理解を深め、イオン労連の政策に独自に反映すべきものを企画・立案します。

③国際委員会

各単組の海外出向者の課題解決のサポート、各国労働組合事情調査に基づく情報提供とその対応方法を検討して具体的な取り組みにつなげます。メンバーは海外に進出している単組からの選出を基本とします。

国際委員会 画像1