イオングループ労働組合連合会

イオングループ労働組合連合会

組合役員ログイン

組合役員ログイン

「第3次新労連ビジョン」と「中期的取り組み」

Ⅰ.はじめに

1.「第3 次新労連ビジョン」と「中期的取り組み」
2016 年9 月28 日開催の第33 期第37 回定期中央大会で第3 次新労連ビジョンを決議しました。その内容は、綱領と理念に基づき「私たちのありたい姿」とそれを実現するための「6 つの挑戦」で構成しました。そして、「6 つの挑戦」の2020 年までの具体的な取り組み内容として「中期的な取り組み」を第33 期に中央執行委員会で確認し、第34 期第38 回定期中央大会の議案として組織決定することとしました。

Ⅱ.第3 次新労連ビジョンの「私たちのありたい姿」と「全体図」

1.「私たちのありたい姿」
組合員ひとり一人が人間らしく、心豊かに生きていくために、笑顔あふれる理想の「職場」「産業」「地域」「社会」を実現する
イオンの企業統合や再編により、労連の組織は有期雇用社員の組合員化と相まって、組合数と組合員が増加し、業態や従業員構成等も大きく変化しました。この変化とこれから起こる予見に対応し、職場、産業、地域、社会、に対する役割と責任と可能性をふまえ、実現したい姿がイメージできるものとして定めました。
2.全体図

全体図

(1)「私たちのありたい姿」
私たちが実現している未来の姿(2024 年)

(2)「私たちのありたい姿」を実現するための「6 つの挑戦」
私たちのありたい姿を実現するための取り組み

(3)「中期的な取り組み」
私たちのありたい姿を実現するための中期的な道筋
(4 年間を基本とし、環境変化に応じて随時見直す)

第3次新労連ビジョン
中期的な取り組み 中期的な取り組み
第33期
(2017年)
活動方針
第34期
(2018年)
活動方針
第35期
(2019年)
活動方針
第36期
(2020年)
活動方針
第37期
(2021年)
活動方針
第38期
(2022年)
活動方針
第39期
(2023年)
活動方針
第40期
(2024年)
活動方針

(4)活動方針
中期的な取り組みをより具体化した単年度の活動計画

(5)イオン労連が大切にしてきたもの
労連の運動を支える基盤

Ⅲ.「私たちのありたい姿」を実現するための「6 つの挑戦」ごとの「中期的な取り組み」

➢挑戦1
「納得して、楽しく、働く」職場と安心して働くことの出来る職場を実現する。

(1)「納得して、楽しく、働く」職場を実現することで、イオンの経営危機を克服する
「雇用を守る」という現実を創る本当の力を持つために、「納得して、楽しく、働く」職場を実現することを目指して運動を進めます。会社の持続可能性を高めるために、経営の施策を職場で実践し現実を創っていくのは私たちだという認識に立ち、「人と組織の問題」として現場の課題を労使で共有しながら経営危機からの脱却を目指します。

(2)先進的で魅力的な労働条件・労働環境の構築に取り組み、誰もが安心して
働き続けられるイオン、そして、流通サービス産業の公正労働基準を確立する少子高齢化による労働人口減少や価値観の多様化などにより、育児・介護・LGBT・障がい者・国籍・地域を大切にした働き方など、多様性を認め合い、働き方を選択する自由度を高めながら、公正に処遇される仕組みと労働環境を整備します。暮らしを支える福利厚生については、健康保険・企業年金・グッドライフクラブが抱える課題を整理・解決し、グループ共通福祉としてのあり方を明確にします。流通・サービス産業の公正労働基準の確立と社会の問題を解決することが、イオンの責任であり規模がもたらす可能性です。社会に誇れる先進的で魅力的な労働条件、働く環境の構築に果敢に取り組みます。

(3)組合員範囲の拡大と未組織企業の組織化に取り組み、イオングループ全体の問題を解決する
労働組合がないグループ企業の労働条件や職場環境は様々な問題をはらんでいることが予測されます。また組織率が過半数に達していない組織は真に労働者を代表しているとは言えません。これはイオンとしてのリスクであり、労連が対応すべき課題です。全従業員が参画し、職場の問題解決を主体的に解決する組織運営を構築するために、組合員範囲の拡大と未組織企業の組織化に取り組みます。

中期的な取り組み
1.「納得して、楽しく、働く」ことを通じて「雇用を守る」ことを現実にする 2.労働条件改善活動
①労働政策の策定と実現 ②統一労働条件闘争 ③労働法の改正への対応 ④グループ共通福祉制度への対応 3.組織拡大
①パートタイマーの組合員化 ②グループ内未組織企業の組織化
➢挑戦2
流通サービス産業発展への貢献を通じて、より善い社会を実現する
流通・サービス産業は産業の中でも最大の雇用労働者数を保持し、日本のGDPの約60%を占めながら、政治・行政における政策や法整備等は、他産業に遅れをとっています。働く環境も低賃金、長時間労働、不払い賃金等の問題を抱えています。そこにイオンは大きな影響を与える規模に成長し、社会的役割と責任の重さが高まりました。UAゼンセン流通・サービス産業政策実現は非常に重要な取り組みです。これに主体的に関与・牽引する先頭に立つと同時に、上部団体への人材の配置・派遣を戦略的に行います。
➢挑戦3
私たちが暮らし働く、地域と職場を起点に社会の問題を解決する
中期的な取り組み
4.社会参画活動
①社会政策・産業政策 ②政治活動 ③エリア活動における政策推進 ④社会貢献活動
➢挑戦4
グループ経営の変化に対峙した労使関係の構築と労連組織体制の再構築
中期的な取り組み
5.経営対策活動
①グローバル枠組み協定の実効性を高める ②純粋持株会社イオン㈱との関係構築 ③事業構造改革への対応 ④事業別労使懇談会 ⑤友好労組との関係強化 6.組織強化
働く仲間の多様性とグループで働く共通性を基盤に総意形成を行い、単組ではなしえないことに連帯して取り組みます。

組織強化の方向性 ①地域活動 ②業種活動 ③加盟単組支援 ④機関会議の見直し ⑤加盟単組の統治機能強化支援 ⑥中執メンバーの戦略的な学習機会の構築 ⑦リーダー育成機会創造 ⑧労連事務局機能の強化
➢挑戦5
協調的労使関係を通じて、アジアの民主的労働運動に寄与する
イオンの海外事業のマネジメントは3 本社(日本・中国・アセアン)体制となり、海外事業はM&Aの実施やグループ各社の海外進出の増加等により拡大し、イオンの業績への影響度が高まっています。労働組合の基本機能である「雇用の確保及び労働条件の維持・改善」はイオンが健全に経営成長する事が不可欠です。「海外出向者の労働条件や生活環境の問題」「各国のイオンピープルとの連携」「海外の事業展開に伴うガバナンスリスクへの対応」などがこれまでの国際活動で課題として顕在化しました。グローバル枠組み協定の履行、「自分たちの職場や会社を自分たちで良くしていく」取り組みの実践をもとに、多くの従業員の参画により、民主的な労働運動を浸透させていきます。
中期的な取り組み
7.海外活動
①海外出向者が安心して働くことができる為の支援 ②海外での事業展開における課題の解決 ③各国で働く従業員の主体的な経営参画活動の支援 ④各国のグループ会社での労働組合結成とサポート ⑤各国の労働組合の発展への貢献 ⑥各国での問題解決に必要な関係諸団体・有識者との関係構築
➢挑戦6
リーダー創造 を目指し、「人間力の高い」人を育む
第3 次新労連ビジョン実現に向け、私たち自身が実現する当事者となり、行動を変え、連帯して仲間と共に活動することが大切です。リーダー創造は、あらためて「対話・共感・連帯」を大切に、行動・実践できることを継承します。このリーダー創造を「人間力の高い」人を育むこととして、全ての活動を考え実践する際のベースにします。『人間力の高い「人」を育む』ことを、合言葉として活動を続けることで、経年かけて、次世代のリーダーを育む組織風土を創り、私たちの理念を実現する運動の推進につなげます。
中期的な取り組み
8.人間力の高い人を育む
①リーダー育成における労連の役割を整理し、育成の機会を創造する
➢6 つの挑戦を支えるもの
中期的な取り組み
9.総務・会計・財務
①リスクマネジメント ②財政の在り方 10.広報 11.共通福祉 ①UAゼンセン共済・全労済・労働金庫 12.上部団体への戦略的な人材配置